ストローク力を上げる「G・フットワーク」

G・フットワーク

もりお

やあ!
今回は、ストローク力を上げる方法をご紹介します!
この記事の評価
内容の難しさ
(2.5)
記事の長さ
(2.0)
技(技術力)
(4.0)
おすすめ度
(3.0)
さて、皆さんが想像するストローク力とは、なんでしょうか。

球速、威力、コントロール、安定感、綺麗な縦回転・・・
いろいろあると思いますが、これからご紹介する方法をやれば、これら全てのレベルを上げることができます。

実践で使えるストローク力を磨く

悩む人

手投げ打ちや、1本打ち、乱打では、良いボールが打てるのに、ゲーム展開や試合になると良いボールが打てない。

ソフトテニスあるあるですね(笑)

Point
ソフトテニスでは、
  • 手投げや1本打ちの球出し=死んだ球
  • ゲーム形式や試合で打つ球=生きた球
と言います。

生きた球が苦手な人はとても多いのです。

なぜ、生きた球では良いボールが打てないのでしょうか。
私が思うに、多くの場合、ベストな打点に入れていないことが原因だと考えます。

あわせて読みたい
「打点」って知ってる?
それでは・・・
ベストな打点で打つためにはどうすれば良いのでしょうか。
それは、とにかく足を使うことです。

 

こんなことをしていませんか?
  • 浅い球や走らされる球の返球時

サボる人

手を伸ばせば届くから、動かなくていいや・・・

こんな風に思って、カットやロブで返球していませんか?
 

  • バウンドが低い球の返球時

サボる人

すくい上げれば打てるから、腰を落とさなくていいや・・・

こんな風に思って、棒立ちのまま打っていませんか?

 

練習でサボっていると、試合でも必ず出ます。

どんなボールが来ても、常に打点が一定になるように、しっかり足を動かしましょう。

ソフトテニス名言
ソフトテニスは、『手ニス』じゃない。『足ニス』だ。

冗談じゃなく、そのくらいフットワークは大切だということです(笑)

Tシャツよりも、ハーフパンツの方が汗でビショビショになるくらい、足を動かしましょう!

フットワーク、Gのごとく

さて、記事のタイトルにもなっている「G」とは何かですが、察しの良い方はもう気付いているかもしれませんね(笑)

そう、Gとは「ゴキ〇リ」のことです。

※不快に思われた方、申し訳ございません。

フットワークのポイント
  1. 細かく動かすこと
  2. 素早く動かすこと

つまり、スムーズに打点に入れるよう小股で細かく足を動かし、正確な位置で耐久姿勢を作れるようにすること。
それから、できるだけ早く打点に入り待球姿勢を作ること。
が重要です。

細かく・素早く足を動かすという点で、まるでGのようだと思い、「ゴキ〇リ・フットワーク」と名付けました。


いかがでしたでしょうか。
今回は、ストローク力を格段に上げる方法「G・フットワーク」をご紹介しました。

一球一球サボらず足を動かすように意識し続ければ、ストロークはそう簡単に負けなくなるはずです。

この記事が良いと思ったら、以下リンクからシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です