メンタルの強化書

もりお

やぁ!
この記事では、メンタルを強化する方法について解説しています。
この記事の評価
内容の難しさ
(2.0)
心(精神力)
(5.0)
おすすめ度
(4.0)

ソフトテニスは、瞬時の判断が頻繁に求められるスポーツです。
相手との駆け引きにおいて、一瞬の迷いが勝敗を分けてしまうことさえあります。

ソフトテニスにおけるメンタルは、非常に重要な要素と言えるでしょう。
今回は、そのメンタルを強化する3つの方法をご紹介します。

なぜ、メンタルが弱いのか

まず「メンタルが弱い」とは、どういう状態なのでしょうか。

メンタルが弱い原因を考えてみましょう。

きっと解決策が見えてくるはずです。

経験が浅い

これは、仕方のないことです。
審判のコール、周りの視線、ミスできないという緊張感・・・

やはり試合になると、練習とは空気感が全然違います。

詳細は後述しますが、慣れるしかありません。

ネガティブな結果を想定しすぎている

これは、頭の良い人が陥(おちい)りやすい現象です。
「負けてしまったら・・・」
「ネットしたら、アウトしたら・・・」
「ダブルフォルトしたら・・・」

試合の場面でこれらを考えてしまうと、身体が固くなってしまい普段通りのプレーができなくなってしまいます。
丁寧にやろうとして逆にミスする。というのは、ソフトテニスあるあるです(笑)

失敗や負けを恐れすぎている

これは、真面目な人が陥りやすい現象です。

まず、失敗したいと思う人はいないですよね。

失敗したら恥ずかしい、負けるのが怖い・・・
そんな風に思っていませんか?

失敗や負けを恐れすぎているがゆえに、普段通りのプレーができなくなってしまうのです。

メンタル強化法1:慣れる

人間の「慣れ」という、とても便利な機能を使わない手はありません!笑

最も簡単で、最も効果的な方法です。

ローカル大会や、練習試合など、チャンスがあればどんどん参加しましょう。

試合数をこなせばこなすほど、メンタルが強化されます。

負けてもいいのです。

「前衛アタックができた。」とか、「ポーチに出れた」とか、そんな小さな成功体験を積み重ねることで自信が付いてきます。

メンタル強化法2:良い勘違いをする

良い勘違いというのは、いわゆる自己暗示です。

「本当に効果があるの?」と思う方は、騙されたと思って一度試してみてください。

ポイントは、本気で勘違いすることです。

以下のような、ポジティブな勘違いをしましょう。

良い勘違いの例
  • 自分は勝てる
  • このコートの中で、自分が一番うまい
  • 良いサーブが入る
  • 速いサーブが来ても返せる
  • 前衛アタックが打てる
  • ボレーできる etc…

ちゃんと勘違いできれば、劇的に上手くいくことが増えるはずです。

メンタル強化法3:失敗や負けを恐れない

あなたは、「失敗 = 恥ずかしいこと、ダメなこと」と思っていませんか?

失礼ですが、それは 大間違い です。

これは、そもそも日本の教育が間違っているからですので、あなたが悪いわけではありません。
ですが、今日から考え方を改めてください。

私が思うに「失敗」とは、「挑戦した証」です。

チャレンジしなければ、失敗することもありません。
つまり、失敗することは素晴らしいことなのです。

改善する機会ができたのですから。

最初から上手くいく人なんて居ないんです。
どんどんチャレンジして、どんどん失敗しましょう!(笑)

ソフトテニス名言
「失敗」 = 「挑戦した証」 = 「改善のチャンス」

こんな風に考えることができれば、失敗を恐れない強靭なメンタルを手に入れることができます。


いかがでしたでしょうか。

今回は、メンタルを強化する方法について解説しました。

この記事がいいなぁ、と思ったら以下リンクからシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です