【目標管理2】課題を決めて練習しよう!

課題管理

もりお

やあ!
前回の目標をさらに細かくし、練習に活かせるようにします。

前回の記事で、中目標を決めてもらいました。

まだやっていない方は、まずこちらから始めてください。
目標管理 【目標管理1】目標を決めよう!

おおまかな流れ

Plan
計画
中目標を達成するための計画を立てます。
一つの中目標に対して、いくつかの課題を決めてください。
Do
実行
「計画」で考えた課題を試します。
Check
評価
課題を試した結果、良かったのか、悪かったのかを評価します。
Act
改善
評価の結果から、改善点を洗い出し、次の計画に反映します。
Planに戻る
計画に戻る

このように、P(計画)、D(実行)、C(評価)、A(改善)を繰り返します。
この繰り返しをPDCAサイクルと言います。

PDCAサイクルを回すことは、効率よく成長するために有効な手段です。

具体的な方法

中目標を、決めた期間までに達成するために、直近(1週間~1ヶ月)の間にやることを決めます。
「何を課題とするか」、「何を意識するか」を考えてください。
それがあなたの今やるべきことです。

こんなものを作ってみました!  課題シート
課題を書きやすい用紙を作ってみました。
課題シートは「無料ダウンロード」ページからダウンロードできます。
課題シートは、中目標1つにつき、1枚必要です。

【例】中目標:ファーストサーブの確率を80%以上にする

課題1

Plan
計画
課題:グリップをセミイースタンに持ち替える
Do
実行
課題を意識した練習をする
Check
評価
確率が上がった!⇒「判定:良」
Act
改善
特になし

課題2

Plan
計画
課題:身体の向きを打ちたい方向に向ける
Do
実行
課題を意識した練習をする
Check
評価
打ちにくかった⇒「判定:否」
Act
改善
身体の向きを打ちたい方向の直角方向に向ける

課題3

Plan
計画
課題:トスを身長の1.5倍程度の高さまで上げる
Do
実行
課題を意識した練習をする
Check
評価
まだ高さが足りない⇒「判定:否」
Act
改善
2倍の高さまで上げるよう改善
課題シート記載例

改善した方法を試す

課題を一通り試し、改善点が抽出されたら、それを踏まえてもう一度計画を立て直してください。
これを、中目標を達成するまで繰り返します。

【例】中目標:ファーストサーブの確率を80%以上にする

課題2

Plan
計画
課題:身体の向きを打ちたい方向の直角方向に向ける
Do
実行
課題を意識した練習をする
Check
評価
打ちにくかった⇒「判定:否」
Act
改善
身体の向きを、打ちたい方向から45°傾けた方向に向ける

課題3

Plan
計画
課題:トスを身長の2倍程度の高さまで上げる
Do
実行
課題を意識した練習をする
Check
評価
ちょうど良い高さだった!⇒「判定:良」
Act
改善
特になし

いかがでしたでしょうか。

課題を決めた練習を行い、改善することで効率よく技術を上げることができます。

目標達成に向けて頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です