【目標管理1】目標を決めよう!

目標管理

もりお

やあ!
今回は正しい目標を持つ方法について説明するよ。
これはソフトテニス以外でも使える方法なので、他の部活の友達にも教えてあげよう!

みなさん、きちんと目標を持っていますか?
上手くなるためには、必ず目標を持つべきです。

目標を持っていれば、普段の練習に対するモチベーションが上がります。

しかし、単純に目標を決めただけで、その目標を達成するのは少々難しいです。

この記事では、目標を達成するために、皆さんにやって欲しいことを2記事に分けてご紹介します。

目標を決める理由

まず始めに、何のために目標を決めると思いますか?

結論からいうと、今やるべきことを知るためです。

きっと、意味が分かりませんよね(笑)

安心してください。
この記事に従って目標を決めていけば、最後に答えが分かるはずです!

さっそく、やっていきましょう!

準備するもの

まっさらな紙でも構いませんし、チラシの裏でも構いません。
もちろん、テニスノートに書いてもいいでしょう。

ですが、必ず目標を達成するまで保管できるようにしてください。
できれば普段目に付く場所に置いて(または掲示して)おき、定期的に目標を意識すると良いでしょう。

こんなものを作ってみました!

  目標シート

目標を書きやすい用紙を作ってみました。
目標シートは「無料ダウンロード」ページからダウンロードできます。

筆記用具

鉛筆でも、ボールペンでも構いません。

時間

15分~20分程度でできると思います。
この時間は、目標を決めることだけに集中してください。

STEP.1大目標を決める

まずは、基となる目標を決めましょう。これを大目標と呼びます。

例えば「大会で○位になる」などです。

今後の成長を左右する、大事な目標です。しっかり悩んで決めましょう。

大目標を決めるにはいくつか注意点があります。

目標設定の注意点
  1. 無謀(むぼう)すぎる目標はダメ
    • 例)まだ地区大会で勝てたことがないのに「全国大会優勝!」など。
  2. 必ず紙に書き出す
    • 自分の言葉で、自分の手で紙に書いてください。 ※自分で決めた目標であることを自覚する必要があります。
  3. シンプルで、分かりやすく、明確に。
    • 例)地区大会優勝、県大会ベスト8!、団体メンバー入り!など

STEP.2目標達成をイメージする

次に目標を達成している自分をイメージしてください。
しかも、できるだけリアルに。




イメージできましたか?

さて。

今の自分は、目標を達成した自分と比べて何が足りていないでしょうか。

それを書き出してみてください。

足りないものの例

  • ファーストサービスの確率が悪い
  • 体力がない。
  • 体幹がしっかりしていない。
  • フットワークが足りない。(打点に合わせるのが上手くない)
  • レシーブの安定感がない。
  • 緩みと握りができていない。
  • 戦略が少ない。
  • 強い球、深い球への対応が上手くない。
  • ロブのミスが多い。
  • ボレーのカバー範囲が狭い。
  • スマッシュが下手。

「今の自分に足りないもの」を探すことによって、目標達成のためにやるべきことが見えてきたはずです。

では、もう少しだけ細かくしていきましょう。

STEP.3いつまでに、何をどうするかを決める(中目標)

目標達成するために「今の自分に足りないもの」を踏まえて、いつまでに・何をどうするかを決めましょう。

「いつまで」は、難易度や優先度などを考慮して決めてください。
「何をどうする」は、ざっくりでいいので書いてみてください。

これが、「中目標」になります。

中目標の例

  • ファーストサービスの確率が悪い
    • いつまで:3月まで
    • どうする:ファーストサーブの確率を80%以上にする
  • 体力がない
    • いつまで:大会まで
    • どうする:大会当日に5試合分戦える体力をつける。
  • 体幹がしっかりしていない
    • いつまで:大会まで
    • どうする:体幹トレーニングを定期的にやる
  • フットワークが足りない(打点に合わせるのが上手くない)
    • いつまで:大会まで
    • どうする:ラダートレーニングでフットワークをゴリゴリに鍛える
  • レシーブの安定感がない
    • いつまで:12月まで
    • どうする:レシーブの反応速度を上げ、打てるコースの幅を広げる
  • 緩みと握りができていない
    • いつまで:1月まで
    • どうする:意識せずとも、緩み握りができるようにする
  • 戦略が少ない
    • いつまで:(以下、省略)
    • どうする:戦略(得点パターン)を10個追加
  • 強い球、深い球への対応が上手くない
    • どうする:柔軟なボールのサバき方を覚える
  • ロブのミスが多い
    • どうする:攻めのロブ、しのぎのロブを打ち分けることでミスを減らす
  • ボレーのカバー範囲が狭い
    • どうする:身体に近い位置、遠い位置でのボレー方法を身に付ける
  • スマッシュが下手
    • どうする:スマッシュの成功率を90パーセントまで上げる

目標シート記載例

これで、やるべきことが見えてきたと思います。
ですが、まだ実行するには準備不足です。

次の記事で、中目標をさらに具体化していきます。

・・・その前に、

一部の中目標は、ルーティン化することで目標の達成効率が上がるものがあります。
それらを、次のステップでルーティン化しておきましょう。

STEP.4 身体作り系・基本技術系の目標をルーティン化する

ルーティン(ルーチン):毎回決まったことをやること

STEP.3で洗い出した中目標のうち、「身体作り系」、「基本技術系」の目標(やればやっただけ成長できるようなもの)については、以下の例のように定型化することで、効率的に目標を達成することができます。

ルーティンの例

  • 【中目標】大会当日に5試合分戦える体力をつける
    • 【ル1】毎日、部活の練習前に3kmランニングする。
  • 【中目標】体幹がしっかりしていない
    • 【ル2】毎週月曜日の帰宅後に、体幹トレーニングをする。
      • プランク(1分 3セット)
      • アームロッククロスレイズ(30秒 3セット)
      • 体重移動スクワット(30回1セット)
  • 【中目標】フットワークが足りない(打点に合わせるのが上手くない)
    • 【ル3】毎週、休日練習の前にラダートレーニングをする
      • もも上げ(3セット)
      • ◇◇◇◇(3セット)
      • ◯◯◯◯(2セット)
      • △△△△(2セット)

こんなものを作ってみました!ルーティン化しやすい用紙を作ってみました。

  私のルーティンシート

私のルーティンシートは「無料ダウンロード」ページからダウンロードできます。

ルーティンシート記載例

今回は、中目標を決めてもらいました。
ここまでの内容は、目標達成までなるべく変えないようにしてください。

特に、目標を下げることは禁止です!

次の記事で、「課題(小目標)」を持って練習をする方法を紹介していきます。

課題管理【目標管理2】課題を決めて練習しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です