試合で勝つために必要な『5つの要素』

もりお

やぁ!
この記事では、試合に勝つために必要な要素を5つ紹介しています。
とても重要なお話ですので、じっくり読んでみてください。

皆さんは、ソフトテニスの試合で勝つために何が必要だと思いますか?

試合に勝つために必要な要素は、全部で5つあると考えています。

試合で勝つために必要な5要素

一般的なスポーツでは、「心・技・体」と言われていますね。
ソフトテニスは、それに加えて「戦術」と「運」が必要であると私は考えます。

勝つために必要な5要素
  1. 心(精神力)
  2. 技(技術力)
  3. 体(体力、身体作り)
  4. 戦術(作戦、考え)

「運」は鍛えることができませんが…笑
「心・技・体・戦術」に関しては、鍛えることができます。

まとめると

勝つために・・・
自分の「やりたい戦術」「やれる精神力」「やるための技術」「やり続けるための体力(または技術をサポートするための身体作り)」が必要。
…という感じです。

試合に勝つためには、これら全てをバランスよく鍛えなければなりません。

心(精神力)

ソフトテニスにおいてメンタル(心)は、とても重要だなぁ…とつくづく感じます。

こんな試合を何度も見てきました。

  • 負けたら引退の試合で、自分の力を発揮できず負けた試合。
  • 明らかに格下の相手に対し、簡単なミスを連発し負けた試合。
  • ゲームカウント3-0でリードしていたのに、勝ちを意識し過ぎて萎縮してしまい、最終的にひっくり返されて負けた試合。
練習でどんなに良いショットが打てても、試合で打てなければ意味がありません。

また、相手との駆け引きに負けないという心の強さも必要です。

おすすめ記事

メンタルの強化書

「心(精神力)」に関する記事一覧

記事一覧

技(技術力)

初心者〜中級者くらいの方の技術は、「いかにミスを減らすか」だと思います。

速い球を打つことや、キツいコースを狙うことも大切ですが、それでミスを連発していては試合に勝つことはできません。

当サイトでは、細かい技術的なことを、分かりやすく解説しています。
参考にしてみてください!

おすすめ記事

技術力を効率よく上げる方法

「技(技術力)」に関する記事一覧

記事一覧

体(体力、身体づくり)

もちろん、大会などで勝ち続けるためには、それなりに体力も必要になりますが、

毎日のように部活をやっていれば、あまり意識しなくても体力は付いてくると思います。

ここでは、勝つための「身体づくり」について説明します。

上記で説明した「技術」をより高い精度で発揮するために、まずは「体幹」を鍛えることを強くオススメします。

体幹を鍛えると良いことがたくさんあります。

体幹を鍛える主なメリット
  • 身体の軸がしっかりする。→押し負けなくなる。
  • ボールに力を伝えやすくなる。→強いショットが打てる。
  • ラケットの面がブレにくくなる。→ミスが少なくなる。
  • 遠くのボールに手を伸ばしてもラケットの面を保つことができる。→取れる範囲が広くなる。
  • 走り出しの1歩目が出しやすくなる。→厳しいコースに打たれても追いつける球が増える。

体幹を鍛えるトレーニングなどを中心とした「体力、身体づくり」に関する記事の一覧です。

「体(体力、身体づくり)」に関する記事一覧

記事一覧

戦術(作戦、考え)

ひとことで「戦術」と言っても、いろいろあります。

例えば、

  • 試合展開の得点パターン(作戦)
  • 相手のタイプに応じた試合運び
  • 状況に応じた一番ミスの少ない返球
  • 体勢が崩れた時の対処
  • 攻めるべきタイミング、守るべきタイミング などなど。。。

これらは、サーフェス(コートのタイプ)、風向き、天候、相手のタイプ、自分の調子、試合の流れ、疲れ具合など、状況によって変わる場合があります。

できるだけ多くの選択肢を用意しておいて、状況に合わせてベストな選択ができるようにしましょう。

ソフトテニスの戦術は、時に正解がひとつとは限りません。

大切なのは、迷うことなく自信をもってそのプレーをすることと、ペアとの共通認識を持つことです。

「こういう時は、こうする」という明確な戦術をあらかじめ用意しておくことで、試合中の迷いを減らすことができます。

また、多く想定される試合の場面ごとに、パターン化した作戦をペアと共有しておくことで、かなり有利に試合をすることができます。

「戦術(作戦、考え)」に関する記事一覧

記事一覧

う~ん…(ダジャレ)

冗談はさておき、ひとつだけお話します。
冒頭で「運は鍛えることができない」とお話しましたが、運につながるコツをお教えしたいと思います。

絶対にあきらめないこと

これだけです。
・ネット前にちょいっとボールを落とされても、2バウンドするまでは全力で追いかけてください。
もしかしたら、ラケットの先っぽに届くかもしれません。
・スマッシュを打たれそうになっても、まず取ることを考えてください。
もしかしたら、当たり損じた球が来て、簡単に返球できるかもしれません。
・相手が第1シードの選手だったとしても、勝てると思って試合をしてください。
もしかしたら、相手のお腹の調子が悪くて、勝てるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

この記事の内容が、「難しいなぁ。」と感じた方は、少し経験を積んでからもう一度読んでみてください。

感じ方が変わっているかもしれません。

もし、この記事が良いなと思ったら、以下リンクから是非シェアして頂けるとありがたいです!

それでは!

1 COMMENT

WordPress コメントの投稿者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です